雑誌掲載情報

ミミズ乾燥粉末 

桑の葉 

乳酸菌酵母分泌物 

快尿サプリ 

カタツムリエキス 

その他 



 わかさ[2月号]記事抜粋


 [快尿ハーブ]
  ●夜に三、四回トイレに行くほどの頻尿が快尿ハーブで治り、ぐっすりと眠れるようになった
   東京都に住む矢口弘志さん(60歳・会社員)は、2010年の秋から頻尿でトイレに行く回数が急激に増えました。
   〜中略〜
   「睡眠中に、三、四回もトイレに起きるようになってしまったのです。排尿しても残尿感があり、またすぐにトイレに
   行くという感じで、すっかり不眠になってしまいました」
   〜中略〜矢口さんは、頻尿をなんとかしようと病院に行こうとしましたが、仕事が忙しくて時間が取れませんでし
   た。そうしたとき、親戚からノコギリヤシとペポカボチャの種などの快尿ハーブが配合された食品をすすめられた、
   といいます。〜中略〜
   2011年の5月から朝晩の食前にとるようになりました。
   「私にはこの快尿ハーブの食品がテキメンに効いてくれました。快尿ハーブの食品をとって1週間もたたないうち
   に、尿に勢いが出て残尿感もなくなり、夜、トイレに起きる回数が2回に減ったのです」〜中略〜
   「それからは急激な改善がなかったものの、頻尿は明らかによくなっていきました。
   実際に、快尿ハーブの食品をとりはじめて半年たった11月ころには、昼間にトイレに行く回数が劇的に減り、夜も
   1回、トイレに行くか行かないかにまでなったのです。」
   矢口さんは、夜、ぐっすり眠れるようになり、昼間も頭がスッキリして、ウトウトしなくなったそうです。

  ●過活動膀胱の頻尿や切迫性尿失禁が快尿ハーブを3ヶ月とったら解消し高血圧も正常化
   東京都に住む福島ゆかりさん(60歳/主婦)は、若い頃から頻尿の傾向にあったのですが、50歳を過ぎてからま
   すますトイレが近くなってしまいました。〜中略〜
   福島さんは、さらに55歳を過ぎるとトイレに間に合わなくなって失禁してしまうことがまれにあったので、用心のた
   めにナプキンをいつも当てるようになっていました。
   「58歳のとき、夫に強くすすめられ泌尿器科を受診すると、過活動膀胱が原因で頻尿や切迫性尿失禁が起こっ
   ているといわれ、薬を処方されました。」
   福島さんはしばらく薬を飲んでみましたが、今度は便が出にくくなってしまったため、サプリメントで何かいいもの
   はないかと思っていたそうです。
   「そうした中、従妹がノコギリヤシやペポカボチャの種など快尿ハーブが配合された食品をすすめてくれたので、
   とってみることにしました。」
   「最初の2ヶ月はほとんど変化がありませんでしたが、3ヵ月後の2011年3月には、トイレに行く回数が減ったこ
   とに気がつきました。」〜中略〜
   こうして、過活動膀胱による頻尿・切迫性尿失禁が治った福島さんに一つ、興味深いことが起こりました。
   福島さんは、長年、降圧薬を服用していて、最大血圧は140_(正常は130_未満)最小血圧は90_(正常は
   85_未満)を保っていました。それが、2011年5月ころから、最大血圧が130_、最小血圧が85_という具合
   に、正常化したのです。
   「よくよく考えてみると、快尿ハーブの食品で、頻尿の悩みが解消されたために、血圧が下がったのかもしれま
   せん」


 [血液サラサラ酵素]
  ●血液サラサラ酵素を飲んだら、最小血圧だけが高い高血圧が正常になり、重い肩こりまで軽快
   大阪府に住む看護婦の久保山恵さん(40歳)は、ひどい肩こりにずっと悩まされてきました。
   「中学のころから、接骨院で週二回、マッサージを受けてきました。そうしないと、肩こりがひどく、腕が上がらな
   くなってしまうのです。それでも肩こりがひどくなってくると、最後は整形外科で痛み止めの注射を打ってもらって
   いました」
   そんな久保山さんが不安だったのは高血圧でした。〜中略〜
   久保山さんの血圧は、2011年の5月の健康診断で、最大血圧が123_(正常は130_未満)なのに、最小血
   圧が92_(正常は85_未満)を超えるようになり、危機感が高まっていったそうです。
   そんな久保山さんに転機が訪れたのは、2011年7月のこと。同じように肩こりで悩んでいる友達が、血流を改善
   する血液サラサラ酵素のサプリメントを教えてくれたのです。〜中略〜
   久保山さんは、血液サラサラ酵素を朝と晩の2回、食後に飲むようにしました。
   すると、手足の指先がポカポカとすぐに温かくなるのを感じたそうです。〜中略〜
   血液サラサラ酵素を飲んで2週間後には、朝の目覚めがよくなったのを実感しました。そして、1ヵ月もしないうち
   に、肩こりが大幅に和らいだと実感できたそうです。
   〜中略〜「先週、健康診断で血圧を測ったら、最大血圧も最小血圧も正常になっていたので、ひと安心です」そ
   う明るい笑顔で語ってくれました。

  ●最小血圧が高めで肩と首がこり、だるく気力まで失ったが、血液サラサラ酵素ですっかり解消
   鳥取県に住む藤谷百合子さん(43歳・会社員)は、5年ほど前から肩と首のこりがひどくて痛みが出て、その痛
   みが慢性化するようになりました。そうなると、目も疲れやすくなり、頭まで痛くなってしまったそうです。
   〜中略〜
   特に3年ほど前から、藤谷さんは、肩と首のこりと疲労感がさらにひどくなり、仕事でも家事でも子育てでも、何か
   をしたいという気がなくなっていた、といいます。
   頑固な肩と首のこりは、血圧が関係しているのではないか、と藤谷さんは考えていました。
   というのも、ここ3年ほど、健康診断で最大血圧は125_前後(正常は130_未満)と問題がなかったものの、最
   小血圧が90_前後(正常は85_未満)とやや高めで気になっていたからです。〜中略〜
   そんな2011年の7月のこと。藤谷さんは、健康食品店でミミズを原料にした血液サラサラ酵素のサプリメントをす
   すめられたそうです。〜中略〜
   早速購入し、朝と晩の1日2回飲むようにしたのです。
   すると、血液サラサラ酵素を飲みはじめて2週間後には、肩と首のこりが消えていたのです。以前から通っている
   整体の先生も、藤谷さんの肩と首の筋肉が柔らかくなっていることに驚いていたそうです。〜中略〜
   藤谷さんは、先月、病院で血圧を測ったところ、最小血圧が正常範囲におさまっていたそうです。

  
 ※こちらに掲載している記事は、記事の内容を一部抜粋しております。
    詳しい内容は、「わかさ1月号」をご覧ください。



  バックナンバー

2015年度 

2014年度 

2012年度 

2011年度 

2010年度 

2009年度 

2008年度 

2007年度 

2006年度 

新着情報