雑誌掲載情報

ミミズ乾燥粉末 

桑の葉 

乳酸菌酵母分泌物 

快尿サプリ 

カタツムリエキス 

その他 



 ゆほびか[5月号]記事抜粋


  ●飲んだ翌朝20pの便がドカン!ツヤツヤ美肌になりウエスト10p、体重8s減!
   パウダーを飲んでからほんの2時間もすると、「腸が動きだした!」と、ハッキリと自覚できたからです。
   そして、驚きは翌朝になっても続きました。いつものようにトイレに入ると、この何十年と見たこともないような量
   の、長さにして20pほどもある便がいきなり出たのです。
   (中略)
   パウダーを定期的に取るようになってからは、とにかく快便です。当初は一日に3回ほど便通があるときもあり、
   おなかの膨張感がなくなっていくのは明らかでした。また、便自体についても、日を追うごとに変化が見られま
   した。当初は色が非常に濃く、においもかなりあったのに、しばらくすると色は健康的な茶色になり、においも消
   えていったのです。(中略)
   このパウダーを取り始めてからというものの、カサカサして皮がめくれそうになることもあった鼻やあごの周りの
   肌にトラブルが出なくなり、しっとりとしたツヤが現れたのは事実。シワも、年齢の割には少ないほうだと思いま
   す。(中略)
   さらに、ウエストサイズと体重がともに自然と減少し、きわめて健康的なダイエットができたのです。
   私の身長は159cm。以前はウエスト80cmのパンツをはき、体重は70sありました。
   それが現在、ウエスト70cmのパンツがはけるようになり、体重も8sほどダウンして62〜63sになっているの
   です。
   [埼玉県/59歳女性 自営業]

  ●娘のアトピー症状は3ヶ月で見事一掃!私の大豆大のシミも半年できれいに消失!
   そもそもの始まりは、当時12歳だった娘のアトピー性皮膚炎にいいのではと、知人から勧められたことでした。
   「腸内洗浄パウダー」を娘が朝晩2包ずつを取ることが習慣となった矢先、早くも効果が現れたのです。
   飲み始めてから1週間後、まずは排便後のおならのにおいがしなくなったと思ったら、翌週にはなんと額や鼻の
   ニキビが消失。さらに次の週からは、アトピー症状のある部位の皮膚が“脱皮”し始めたのです。
   それまで私は、20種類以上の方法を試させてきました。しかし、これといった効果のあるものはなく、特に首・腕
   の内側・わきの下など、常にカサカサとジュクジュクの繰り返しでした。そうした部位の茶色い肌が、はがれ落ち
   ては新しい皮膚ができるという過程を繰り返した結果、3ヶ月後ぐらいには見事にキレイな肌色になったのです。
   かゆみも完全に治まっているようです。おふろ上りや就寝中でも、以前のようにかきむしっている姿を目にするこ
   とはありません。
   私もパウダーを飲み始めました。
   私にとってうれしいのは、素肌のコンディションがぐっとよくなったこと。生理前の吹き出物がほとんど出なくなり、
   シミまで大幅に改善しました。
   鼻の付け根にあった大豆大ほどの茶色いシミは、顔の中心にあることもあり、やけに目立って困っていたもので
   す。それが、半年を経過した今、ノーメイクでも、どこにあったのかわからないほど薄くなっています。
   [宮崎県/40歳女性 会社員]

  ●超頑固な便秘が10日で解消し腰回りがスッキリ!吹き出物・冷え症まで退散!
   中学生のころからずっと、便通が1〜2日ないなんてあたりまえでした。最もひどいときには1ヶ月半もでないこと
   さえありました。ですから20年以上、市販の下剤・便秘改善薬を使って、半ば無理やりに便をだしているような
   感じでした。(中略)
   どうしたものかとあきらめかけていた1年前に、仕事関係の知人から紹介されたのが「腸内洗浄パウダー」でした。
   朝晩2回に分けて5包ほどのパウダーを飲み始めたというわけです。(中略)
   パウダーを飲みだした翌日から1週間ほどは、便こそ出ないものの、おならがよく出るようになりました。しかし
   10日もたつと、いきなり毎日便通があるようになったのです。
   しかもその便は、従来のように固くて小さいものではなく、適度に柔らかくて健康的なものです。(中略)
   おへそ上の部分がへっこみ、腰回りの全体的なラインがスッキリ。ウエストのシルエットは明らかにきれいになり
   ました。
   さらに、冬場には靴下を3重ばきするほどだった冷え症も大幅に改善され、不思議なことにカゼを引かない体質に
   までなっています。
   [広島県/39歳女性 自営業]



  バックナンバー

2015年度 

2014年度 

2012年度 

2011年度 

2010年度 

2009年度 

2008年度 

2007年度 

2006年度 

新着情報