雑誌掲載情報

ミミズ乾燥粉末 

桑の葉 

乳酸菌酵母分泌物 

快尿サプリ 

カタツムリエキス 

その他 



 壮快[4月号]記事抜粋


  ●医師仲間で密かなブーム!赤ミミズの粉末で患者の生活習慣病、EDが大改善
   私は、自分のクリニックの患者さんにこの赤ミミズの粉末を試してもらい、劇的に症状が改善された例を何例も
   見ています。
   この赤ミミズの粉末には、血栓を溶かす酵素(化学反応を促す物質)があることがしられています。赤ミミズの
   粉末を飲むと、血栓が溶かされ、全身の血流が促されて、血液がサラサラになるのです。
   この効果により、血栓症が改善されるだけではなく、高血圧や糖尿病など、多くの生活習慣病に対しても有効
   に働くのです。また、静脈瘤(静脈の一部がコブ状になる病気)などの血行障害の改善にも効果を発揮します。
   (中略)
   血液サラサラ効果によって、さまざまな生活習慣病が改善されるわけですが、実は、それだけではありません。
   赤ミミズの粉末が特に役立つのは、性力増強なのです。性力が減退して、ED(勃起不全)に悩んでいるかたは、
   ぜひお試しになることをお勧めします。バイアグラであまり効果の出なかった場合でも、この赤ミミズの粉末で、
   とたんに性力が復活した症例もあるのです。(中略)
   私自身、赤ミミズの粉末を愛用していますが、飲んでいると、体調がいいのは確かです。そんな私の話を聞いて、
   医師仲間の間でも、赤ミミズの粉末は、密かなブームとなっています。
   [久野マインズタワークリニック院長 久野 則一]

  ●赤ミミズの粉末で10年ぶりの朝立ち!糖尿病も改善し週一、二回の夫婦生活
   私が糖尿病になったのは、今から十五年ほど前です。
   血糖値(血液中の糖分量を示す数値。正常値は110r未満)が、200rもあったのです。
   そして今から五年前。血糖値は250rまで上がっていました。血圧も高く、最大血圧が180_、最小血圧が
   120_ありました。そのうえ、高脂血症(血液中の中性脂肪やコレステロールが異常に増加する病気)の診断
   も受けていました。
   当時、私はED(勃起不全)にも悩んでいました。糖尿病になったあとも、しばらくの間、ムスコは元気でした。
   それが、四十代半ばでついに立たなくなってしまったのです。漢方薬であれなんであれ、何かいい自然療法は
   ないものか、と考えていたところ、赤ミミズの粉末とであったのです。
   赤ミミズの粉末を飲み始めて2週間たったころ、朝立ちがあったのです。実に10年ぶりの朝立ちでした。
   血糖値も、130r台まで下がりましたし、ヘモグロビンA1c(過去1〜3ケ月の血糖コントロールの指標。正常値
   は5.8%以下)も、一時期、9%を超えていたことがありましたが、現在は6.2〜6.3%まで低下し、正常値まであ
   と少しです。
   [千葉県/60歳男性 自営業]

  ●赤ミミズの粉末を飲んだら脳梗塞の後遺症がすぐに回復し不自由なく暮らせる
   私が脳梗塞で入院したのは、四年前のことです。それまで、血圧や血糖値などになんの問題もありませんでし
   たし、元気そのものでした。
   当時、私は、すでに八十歳を越えていましたが、老人会などのさまざまな役員をやっていて、毎日忙しく飛び回
   っていました。(中略)
   入院した当初、担当医師と面談した娘は、私の病状について、あまりいいことをいわれていなかったようです。
   そんな私が、カプセル入りの赤ミミズの粉末の健康食品を飲み始めたのは、入院早々のことです。娘の強力な
   勧めがあったからでした。
   病院の医師には、赤ミミズの粉末のことは話しませんでした。スタッフなどにも秘密で、赤ミミズの粉末を飲み始
   めました。毎日、朝、昼、晩と二カプセルずつ赤ミミズの粉末を飲んだのです。(中略)
   私の状態はどんどん快方へと向かいました。入院したのが四年前の十月のことですが、十月末には新聞を読み
   始めていました。入院当初は、トイレも分からないような状態で、オムツをしていました。しかし、十一月にはトイレ
   もきちんとわかるようになり、オムツも無事とれました。
   十二月には、字を書けるようになり、年賀状を書き始めたくらいです。こんな私の回復ぶりに、医師も、病院のス
   タッフも、大変驚いていました。
   そして、翌年の二月には、無事病院を退院し、自宅に戻ることができたのです。
   その後、私は、車の運転が再びできるようになりました。あれから四年たった今も、不自由なく暮らすことができ
   ています。
   [長野県/86歳男性 アパート経営]



  バックナンバー

2015年度 

2014年度 

2012年度 

2011年度 

2010年度 

2009年度 

2008年度 

2007年度 

2006年度 

新着情報