雑誌掲載情報

ミミズ乾燥粉末 

桑の葉 

乳酸菌酵母分泌物 

快尿サプリ 

カタツムリエキス 

その他 



 健康365[1月号]記事抜粋


 ●意識不明が続いた脳梗塞がレッドウォームを飲んで歩けるまでに回復
   川鍋政雄さんが脳梗塞で倒れたのは、55歳(2000年)のときです。
   「入院期間は半年間に及びました。最初の二週間は意識がほとんどなく、どこかをさまよっているようでした。」
   二週間後、生命の危機を脱した川鍋さんですが、この二週間の間に病状が進んでいたのです。
   「退院してから、週に2回病院へ行き、治療とリハビリを続けました」
   努力のかいがあって4年後には、杖をつき壁をつたい歩きすれば、屋内を移動できるまでに回復したのです。
   そんな川鍋さんがレッドウォームを飲みはじめたのは、2004年のこと。
   「友人が熱心にすすめるので、毎食後1粒ずつ1日計3粒、レッドウォームの粒製品を飲みはじめたのです」
   レッドウォームを飲みはじめて半年後のことでした。
   「根気よく続けていた病院のリハビリとの相乗効果もあったとは思いますが、これまでの4年間とは比べられな
   いほど急速によくなりました。朝の目覚めも爽快で、疲れしらずの体になりました」
   レッドウォームを飲みはじめて1年後、家の中なら杖無しで歩けるまでに回復した川鍋さん。日常生活での不自
   由さが、ほとんどなくなったそうです。
   [群馬県 60歳男性]

  ●リウマチの激しい痛みで寝たきりになったが、三ヵ月後には鎮痛剤が不要に
   「私がリウマチになったのは、2002年の8月のことです。朝起きると足の裏に激痛が走り、ひざも痛くて立ち上
   がれないほどでした」
   高草木秀行さんは、少し太り気味(身長173a、体重85`)なことが気になるくらいで、ギックリ腰以外に体の
   不調は特になかったといいます。
   ギックリ腰の治療で通っていた整骨院で検査をしたところ、リウマチを判明。それ以来、どんな治療を受けても
   高草木さんのリウマチはよくならず、悪化する一方でした。
   (中略)
   やがて、全身の関節が痛んで起き上がれなくなり、高草木さんは寝たきりの生活を送るようになりました。
   痛みに苦しむ高草木さんを見かねた知人が、レッドウォームをすすめてくれたそうです。
   2003年8月のこと。
   「リウマチに効くという健康食品はほとんど試しました。1ヶ月に5万円を費やしたこともあるほどです。でも、効果
   を感じたものはありませんでした」
   ところが、レッドウォームの粒製品を毎食後に1粒ずつ飲みはじめて1ヶ月後、高草木さんの体のこわばりや、関
   節の痛みが和らぎました。そして3ヵ月後には、関節痛のため手放せなかった鎮痛剤も不要になったのです。リ
   ウマチの検査結果も、寝たきりだったころの数値からは飛躍的に改善しました。
   [群馬県 48歳男性 会社役員]



  バックナンバー

2015年度 

2014年度 

2012年度 

2011年度 

2010年度 

2009年度 

2008年度 

2007年度 

2006年度 

新着情報