雑誌掲載情報

ミミズ乾燥粉末 

桑の葉 

乳酸菌酵母分泌物 

快尿サプリ 

カタツムリエキス 

その他 



 壮快[10月号]記事抜粋


  ●赤ミミズの粉末で胃ガン手術後医師も驚くほど元気を取り戻し夜間頻尿も消失
   私のガンが判明したのは、2002年の十月のこと。後に担当医が教えてくれたところによると、当初の状態はか
   なりひどく、執刀医が開腹をためらうほどだったらしいんですね。けっきょく、胃を全部摘出しましたが、幸い手術
   は無事に成功しました。(中略)
   考えた末、担当医には、抗ガン剤を使わないと答えたんです。そのかわり、健康のためにいいことはなんでもや
   ってみよう、と思いました。ですから、健康食品もいろいろ試しています。
   そんなとき、ある公演で、たまたま、この赤ミミズの粉末の健康食品のことも知ったんです。胃を全部摘出するよ
   うな手術をしたのに、今では、「正直、ここまで元気になれるとは思わなかった」と医師の先生も驚くくらい元気に
   なりました。それも、この赤ミミズの粉末のおかげだと思っています。(中略)
   もちろん私は、いろいろな健康法や健康食品を試していますから、これだけ元気を取り戻せたのは、赤ミミズの
   粉末の健康食品だけの効果じゃないかもしれません。でも、この赤ミミズの粉末は、私の元気を取り戻すのに大
   きな助けになってくれたと思うし、確かにこれの効果だな、と思い当たることもあるんです。
   まず第一に疲れにくくなってきました。例えば、晩酌のビール。手術後は、お酒が飲めるようになったとはいって
   も、ちょっと飲むと、アルコールが急速に回って、すぐに寝てしまうんです。飲むと起きていられなかったんですよ。
   赤ミミズの粉末の健康食品を飲み始めたのは、今年の春ごろからでしたが、そのころから、晩酌をしても起きて
   いられるんです。これは以前とはハッキリ違う!と実感できましたね。(中略)
   それから私は、夜間頻尿にも悩まされていました。晩酌にビールを飲んでいたときは、必ずといっていいほどど
   んなに眠くても、起きなくちゃならないんです。
   でも、赤ミミズの粉末の健康食品を試すようになってからは、これが実によく眠れるんです。1度もトイレに起きず
   に朝までぐっすり。よく眠れるおかげで体の疲れも取れますし、気持ちよく目覚められるんです。
   [タレント 高杢禎彦]

  ●重症の高血圧、糖尿病、心筋梗塞が赤ミミズの粉末で大改善し夫婦生活も再開
   数年前、私の血圧は、最大血圧が180_、最小血圧も110_を超えていました(正常値は最大血圧140_以
   下、最小血圧90_以下)。また、血糖値(血液中の糖分量を示す数値で、正常値は110_c未満)は一時期、
   1100_cという、とんでもなく高い数値を示したことさえあったくらいです。そのうえ、心筋梗塞で2度、死線を
   さまよったのです。
   そんな私が、赤ミミズの粉末の健康食品のことを知ったのは、確か三年前、一度目の心筋梗塞の後のことでし
   た。もっとも、そのときは、赤ミミズの粉末を遣ってみる気にはなりませんでした。赤ミミズの粉末なんて、果たし
   て信用のおけるものかどうか、確信が持てなかったからです。
   医師から処方された薬をずっと飲んでいても、けっきょく、二度目の心筋梗塞は回避できなかったわけですし、
   医師を当てにしているだけじゃダメだ、自分でなんとかしなくては、と思ったのです。赤ミミズの粉末の健康食品
   を飲み始めたのです。それが二年前の九月ごろのことでした。(中略)
   高かった血圧も、最大血圧が130_程度、最小血圧が80_程度で、以前に比べれば、かなり低くなりました。
   血糖値も、110_cくらいまで下がりました。
   最近、心臓の動脈などの詳しい検査を受けましたが、その結果は、どこも悪くないというものでした。
   私はこれまで、ゴルフクラブも持てないほどのひどい肩こりに悩まされてきました。
   ですが、その肩こりも、血圧が下がるにつれ、かなり楽になりました。
   それに、赤ミミズの粉末を試すようになってから、あちらのほうも復活しました。
   一時期、非常に話題になったバイアグラも試してみましたが、私には、あまり効果はありませんでした。たとえ
   勃起したにせよ、せいぜい半立ちくらいにしかならなかったのです。
   ところが、赤ミミズの粉末は違いました。飲み始めて2週間ほど過ぎたころから、朝立ちするようになりました。
   以来、女房とは、週に1回から2回の充実した夜の生活を行なえるようになりました。
   [佐賀県 60歳男性 飲食店経営]



  バックナンバー

2015年度 

2014年度 

2012年度 

2011年度 

2010年度 

2009年度 

2008年度 

2007年度 

2006年度 

新着情報